地価公示価格チェッカー  

山形県南陽市の地価公示価格・路線価

↑Page TOP
地価見積
万円 /坪×
0万円
万円 /m²×
0万円

南陽市の地価ランキング

全国地価ランキング

1109位 /1528市区町村
7.9万円 /坪単価 2.4万円 /m²単価  (-0.50%下落↓)
※2016年発表の地価公示価格から算出

1107位栃木県益子町平均 2.4万円 /m²
平均 8.0万円 /坪
1108位群馬県下仁田町平均 2.4万円 /m²
平均 8.0万円 /坪
1109位山形県南陽市平均 2.4万円 /m²
平均 7.9万円 /坪
1110位茨城県常陸大宮市平均 2.4万円 /m²
平均 7.9万円 /坪
1111位岩手県岩手町平均 2.4万円 /m²
平均 7.9万円 /坪

山形県内地価ランキング

10位 /30市区町村
8位鶴岡市平均 2.5万円 /m²
平均 8.4万円 /坪
9位酒田市平均 2.5万円 /m²
平均 8.1万円 /坪
10位南陽市平均 2.4万円 /m²
平均 7.9万円 /坪
11位村山市平均 2.4万円 /m²
平均 7.8万円 /坪
12位河北町平均 2.1万円 /m²
平均 7.1万円 /坪

山形県内の地価ランキング

南陽市の地価上昇率ランキング

山形県内上昇率ランキング

4位 /30市区町村
2位山形県三川町前年比 -0.40% ↓
3位山形県酒田市前年比 -0.49% ↓
4位山形県南陽市前年比 -0.50% ↓
5位山形県東根市前年比 -0.61% ↓
6位山形県河北町前年比 -0.93% ↓

山形県内の上昇率ランキング

南陽市の駅地価ランキング

1位赤湯駅2.6万円 /m²
8.5万円 /坪
2位宮内駅1.8万円 /m²
5.9万円 /坪

南陽市の駅上昇率ランキング


1位赤湯駅前年比 -0.39%↓
2位宮内駅前年比 -1.12%↓

南陽市の土地価格(地価公示価格、路線価)

山形県南陽市の地価推移グラフ

山形県と南陽市(なんようし)の地価公示価格の推移です。2016年3月に発表された最新の地価公示価格データを基に山形県全体と南陽市の公示価格平均値を計算してグラフを表示しています。(⇒地価公示価格とは?(⇒路線価を確認

グラフにマウスを重ねて下さい (クリックで固定)

南陽市の駅周辺地価


駅赤湯(あかゆ)


駅宮内(みやうち)

山形県南陽市の地価マップ(色で分かる地価分布・路線価)

アイコンにマウスを重ねて下さい (クリックで開閉)
安い←→高い 中心点のビュー 中心点の路線価
 
平成28年 南陽市の路線価PDF (平成 年7月発表)

山形県の地価

南陽市の地価公示価格ランキング

推移
※Shiftキーを押しながら複数タイトルクリックで複数条件並べ替えができます
※住所をクリックして地価マップ上で位置を確認できます
住所最寄駅距離平米単価坪単価前年比
赤湯字森前403番1赤湯1800m
3.1万円/m²
10.2万円 /坪
-0.96%↓詳細 推移 景観
三間通字東六角115番3赤湯1000m
2.8万円/m²
9.2万円 /坪
+0.00%詳細 推移 景観
郡山字荒田1059番39赤湯50m
2.8万円/m²
9.2万円 /坪
+0.00%詳細 推移 景観
宮内字田町二3426番6宮内700m
1.8万円/m²
5.9万円 /坪
-1.12%↓詳細 推移 景観
椚塚字松木檀493番8赤湯2800m
1.6万円/m²
5.3万円 /坪
-0.62%↓詳細 推移 景観

南陽市の住所一覧

*赤湯 | 池黒 | 漆山 | 大橋 | 沖田 | 荻 | 金沢 | 金山 | 釜渡戸 | 蒲生田 | 川樋 | *椚塚 | 小岩沢 | *郡山 | 小滝 | 坂井 | 島貫 | 下荻 | 新田 | 砂塚 | 関根 | 高梨 | 竹原 | 太郎 | 中央東 | 露橋 | 中落合 | 中ノ目 | 長岡 | 長瀞 | 鍋田 | 二色根 | 西落合 | 萩生田 | 羽付 | 法師柳 | 松沢 | 俎柳 | *三間通 | *宮内 | 宮崎 | 元中山 | 梨郷 | 若狭郷屋 | 和田 | 上野
*...公示価格調査が実施された住所)

南陽市の土地価格のまとめ

南陽市の平均坪単価は7.9万円平米単価は2.4万円で、前年比では-0.50%下落↓しています。
南陽市の土地価格は、山形県の中で10位(30市区町村中)、日本全国の市区町村地価ランキングでは1109位(1528市区町村中)です。

周辺の地価公示価格が最も高い駅は赤湯駅坪単価8.5万円1平方mあたり2.6万円、最も安い駅は宮内駅坪単価5.9万円1平方mあたり1.8万円です。 また、下落率が最も低い駅は赤湯駅前年比-0.39%↓、下落率が最も高い駅は宮内駅前年比-1.12%↓です。

南陽市内で土地評価額が最も高い場所は赤湯字森前403番1坪単価10.2万円1平方mあたり3.1万円、最も安い場所は 椚塚字松木檀493番8坪単価5.3万円1平方mあたり1.6万円です。その土地価格の差は、約1.9倍となります。
(※住所をクリックして地価マップ上で位置を確認できます)

南陽市の路線価を地図から確認

地価公示価格チェッカーでは、上部地価マップ上の「中心点の路線価」をクリックして、全国地価マップ上の中心マーカー位置の路線価を確認することができます。規約に同意の上、ご利用下さい。
(路線価マップ上の単位は千円/m²となります)
※相続税路線価がない地域では、「固定資産税路線価等」をクリックしてご確認下さい

路線価とは

路線価とは、毎年7月に国税庁から発表される、宅地が面する道路を単位とした詳細な土地評価額のことです。路線価には「相続税路線価」と「固定資産税路線価」の2種類がありますが、単に路線価と言うと、通常、土地の相続税や贈与税の計算に必要となる「相続税路線価」を意味します。

税金の尺度として発表される路線価ですが、詳細な区域ごとに土地価格が設定されていることから、不動産投資・不動産売却の指標としても注目されています。

路線価の見方

その土地が面する道路の矢印に記載された数字が、土地の路線価となります。
単位は千円/m²となります。数字の後のアルファベット1文字は借地権割合です。
(A:90%、B:80%、C:70%、D:60%、E:50%、F:60%、G:30%)
借地権割合とは、借地に自宅を建てている場合に考慮する、課税対象額の割合です。
例えば、523Cと記載されている場合、52.3万円/m²、借地権割合70%となります。

2つの路線が面している土地については、下記の補正を行います。
角地の路線価計算 二路線に挟まれた土地の路線価計算

路線価は地価公示価格から確認しましょう

地価公示価格は毎年3月に国土交通省から発表される客観的な地価の目安、路線価は毎年7月に国税庁から発表される税金計算用の地価という違いがあります。しかしその両者には、「路線価は地価公示価格の8割を目処として設定される」という比例関係が国土交通省より公表されています。
※固定資産税評価額(固定資産税路線価)は地価公示価格の7割が基準となります。

この比例関係があるため、<地価公示価格推移と路線価推移>、及び、<地価公示分布と路線価分布>は、ほぼ同一となります。

路線価はその性質上、単体で過去の地価推移を把握することが困難なため、まず近接の地価公示価格により大まかな価格分布と地価推移を確認し、次に路線価図で詳細を確認する、という方法が非常に有用です。

また、土地の相続税や贈与税を計算する必要がある方・路線価を不動産投資に活用されている方は、同位置の地価公示価格の上昇率×前年の路線価を計算することで、7月の発表を待つことなく早急に路線価の目処を知ることができます。

固定資産税の計算方法

固定資産税は、毎年1月1日に土地等の固定資産を所有する人に、市区町村から課される税金です。 土地の固定資産税額は、下記の計算式で求めることができます。

土地の固定資産税額 = 固定資産税路線価 × 土地面積 × 1.4%(標準税率)

(固定資産税路線価は、上部地価マップにてご確認下さい)
ただし、固定資産税路線価×土地面積が30万円未満の場合、非課税となります。
また、住宅用地に限り、下記の範囲で税金軽減措置が適用されます。

区分
固定資産税都市計画税
小規模住宅用地住宅用地で住宅1戸につき200m2までの部分 価格×1/6価格×1/3
一般住宅用地小規模住宅用地以外の住宅用地 価格×1/3価格×2/3

※都市計画税は、土地が都市計画区域の「市街化区域」に該当する場合に適用される税金で、税額は下記となります。
都市計画税 = 固定資産税路線価 × 土地面積 × 0.3%(制限税率)


南陽市の地価を周辺の市区町村と比較すると?

  1. 南陽市と高畠町を比較
  2. 南陽市・高畠町・川西町を比較
  3. 南陽市と川西町を比較
  4. 南陽市・川西町・長井市を比較
  5. その他(山形県の地価)



↑Page TOP