地価公示価格チェッカー  

地価公示価格

↑Page TOP
地価見積
万円 /坪×
0万円
万円 /m²×
0万円

日本の地価推移

日本全国の地価平均

63.0万円 /坪単価 19.1万円 /m²単価
※2016年発表の地価公示価格平均から算出

日本の地域別ランキング

平米単価ランキング

1位東京都中央区平均 631.7万円 /m²
平均 2088.4万円 /坪
2位東京都千代田区平均 551.5万円 /m²
平均 1823.2万円 /坪
3位東京都渋谷区平均 304.3万円 /m²
平均 1006.0万円 /坪
4位東京都港区平均 293.9万円 /m²
平均 971.6万円 /坪
5位東京都新宿区平均 260.4万円 /m²
平均 861.0万円 /坪
6位大阪府中央区平均 181.2万円 /m²
平均 599.1万円 /坪
7位大阪府大阪市北区平均 177.3万円 /m²
平均 586.3万円 /坪
8位東京都豊島区平均 115.1万円 /m²
平均 380.5万円 /坪
9位東京都台東区平均 107.8万円 /m²
平均 356.5万円 /坪
10位愛知県中村区平均 100.6万円 /m²
平均 332.7万円 /坪



1519位兵庫県佐用町平均 0.5万円 /m²
平均 1.7万円 /坪
1520位北海道興部町平均 0.5万円 /m²
平均 1.6万円 /坪
1521位北海道標茶町平均 0.5万円 /m²
平均 1.6万円 /坪
1522位北海道上川町平均 0.5万円 /m²
平均 1.6万円 /坪
1523位北海道浜頓別町平均 0.5万円 /m²
平均 1.5万円 /坪
1524位北海道夕張市平均 0.5万円 /m²
平均 1.5万円 /坪
1525位群馬県嬬恋村平均 0.4万円 /m²
平均 1.5万円 /坪
1526位北海道美深町平均 0.4万円 /m²
平均 1.4万円 /坪
1527位北海道下川町平均 0.3万円 /m²
平均 1.1万円 /坪
1528位北海道歌志内市平均 0.3万円 /m²
平均 1.0万円 /坪

あなたの街の地価公示価格を調べてみましょう

地価公示価格は土地価格の目安です

地価公示価格は国土交通省が、その年の1月1日時点のデータを基に、全国の土地価格の目安として毎年3月下旬に発表するものです。(⇒地価公示価格とは?
地価公示価格チェッカーで公開しているデータは、2016年3月23日に公開された平成28年の地価公示価格を、当サイトで独自集計したものとなっています。
土地価格の上昇・下落や、複数の市区町村で比較した地価平均、駅周辺地価、また土地の景観、路線価などをわかりやすく確認することができます。不動産投資や土地の購入・売却、相続税評価・固定資産税評価、家賃目安の参考にご利用下さい。

日本全国の地価公示価格


日本全体の地価平均推移

1975←
→2016
※地価公示価格チェッカーに掲載している地価平均値は、計測地点の公示価格合計を地点数で割ることにより算出しています。

全国都道府県地価ランキング

(国土交通省が2016年3月23日に発表した最新の土地公示価格データを基に算出)

※タイトルクリックで並べ替えができます
順位   都道府県平米単価坪単価前年比計算
1位東京都295.6万円 /坪単価
89.4万円 /m²
+2.08% ↑
2位大阪府79.9万円 /坪単価
24.2万円 /m²
+1.62% ↑
3位神奈川77.6万円 /坪単価
23.5万円 /m²
-0.66% ↓
4位京都府64.2万円 /坪単価
19.4万円 /m²
+2.18% ↑
5位愛知県52.5万円 /坪単価
15.9万円 /m²
+3.20% ↑
6位埼玉県49.2万円 /坪単価
14.9万円 /m²
+0.15% ↑
7位兵庫県48.4万円 /坪単価
14.6万円 /m²
+1.14% ↑
8位広島県39.5万円 /坪単価
11.9万円 /m²
+1.51% ↑
9位福岡県39.1万円 /坪単価
11.8万円 /m²
+3.20% ↑
10位千葉県39.0万円 /坪単価
11.8万円 /m²
-0.20% ↓
11位宮城県31.8万円 /坪単価
9.6万円 /m²
+5.09% ↑
12位沖縄県30.6万円 /坪単価
9.3万円 /m²
+1.96% ↑
13位静岡県29.6万円 /坪単価
8.9万円 /m²
-1.11% ↓
14位奈良県26.2万円 /坪単価
7.9万円 /m²
-0.63% ↓
15位熊本県25.1万円 /坪単価
7.6万円 /m²
+0.94% ↑
16位愛媛県24.0万円 /坪単価
7.3万円 /m²
-1.58% ↓
17位石川県22.2万円 /坪単価
6.7万円 /m²
+3.89% ↑
18位鹿児島22.1万円 /坪単価
6.7万円 /m²
-2.44% ↓
19位高知県20.6万円 /坪単価
6.2万円 /m²
-1.39% ↓
20位長崎県20.5万円 /坪単価
6.2万円 /m²
+0.72% ↑
21位岡山県20.0万円 /坪単価
6.1万円 /m²
+0.44% ↑
22位滋賀県20.0万円 /坪単価
6.1万円 /m²
+0.54% ↑
23位徳島県19.8万円 /坪単価
6.0万円 /m²
-1.51% ↓
24位和歌山19.1万円 /坪単価
5.8万円 /m²
-1.11% ↓
25位岐阜県18.3万円 /坪単価
5.5万円 /m²
-1.20% ↓
26位香川県17.9万円 /坪単価
5.4万円 /m²
-1.93% ↓
27位大分県17.6万円 /坪単価
5.3万円 /m²
-0.65% ↓
28位福井県17.2万円 /坪単価
5.2万円 /m²
-1.76% ↓
29位北海道16.7万円 /坪単価
5.1万円 /m²
+4.90% ↑
30位富山県16.0万円 /坪単価
4.8万円 /m²
-0.72% ↓
31位三重県15.4万円 /坪単価
4.7万円 /m²
-1.26% ↓
32位長野県15.0万円 /坪単価
4.5万円 /m²
-1.56% ↓
33位新潟県14.9万円 /坪単価
4.5万円 /m²
-3.17% ↓
34位群馬県14.5万円 /坪単価
4.4万円 /m²
-0.92% ↓
35位山梨県14.4万円 /坪単価
4.4万円 /m²
-1.09% ↓
36位岩手県14.0万円 /坪単価
4.2万円 /m²
-0.63% ↓
37位栃木県13.8万円 /坪単価
4.2万円 /m²
-1.77% ↓
38位山口県13.6万円 /坪単価
4.1万円 /m²
-1.57% ↓
39位島根県13.5万円 /坪単価
4.1万円 /m²
-1.74% ↓
40位宮崎県13.1万円 /坪単価
4.0万円 /m²
+0.84% ↑
41位福島県12.6万円 /坪単価
3.8万円 /m²
+4.30% ↑
42位佐賀県12.4万円 /坪単価
3.8万円 /m²
-1.58% ↓
43位鳥取県12.1万円 /坪単価
3.7万円 /m²
-0.70% ↓
44位茨城県11.7万円 /坪単価
3.5万円 /m²
-1.19% ↓
45位山形県10.7万円 /坪単価
3.2万円 /m²
+0.14% ↑
46位青森県10.0万円 /坪単価
3.0万円 /m²
-1.38% ↓
47位秋田県8.5万円 /坪単価
2.6万円 /m²
-1.26% ↓


地価公示価格とは?

地価公示であったり、公示価格、または地価公示価格と呼ばれているこの価格は、地価公示法に基づき、国土交通省が毎年1回、3月中旬~下旬に発表する土地評価額の目安です。
地価公示価格は、その年の1月1日時点の情報を3月中旬~下旬に、国土交通省によって毎年1回、地価公示法に基づき公表されます。

可視化され難い不動産である土地価格の指標として非常に注目されています。

地価公示価格として公表される公示対象地点は、都市計画法による都市計画区域内となっていますが、土地売買が頻繁に行われる地域に関してはこの限りではなく、公示されることになっています。

地価公示価格の評価には、国土交通省から依頼された不動産鑑定士が1つの地点につき2人以上の鑑定にあたり、『住宅地』『商業地』『宅地見込地』『準工業地』『工業地』『調整区域内宅地』に分類した上で価格を公表します。

地価公示法という法律があるので、正しくは『地価公示』と呼ばれるはずなのですが、『地価公示価格』であったり、『標準価格』、『標準値価格』、または、『公示価格』という呼び方をされることがあります。これらは全て同一の、地価公示法によって公表される土地の価格という意味です。
↑Page TOP

地価公示価格と不動産の実勢価格について

国土交通省が発表する地価公示価格は、国のお墨付きの地価です。しかし、それはあくまでも目安として提示された地価となっているため、実際の不動産売買の実勢価格と上下に乖離していることがほとんどです。

国土交通省としては保守的な価格提示を行いやすい性質と、不動産の実勢価格は売買される時々の経済状況が色濃く価格に反映される傾向が強いため、地価公示価格と実勢価格に差が出てしまう理由です。

不動産は取引人同士が納得して売買されれば、その価格こそが『実勢価格』となります。地価公示価格はあくまで地価の指標であるため、土地の購入や売却の際に、地価公示価格と乖離した価格が提示されたとしても、それは不思議ではないことは理解しておく必要があります。



都市計画法とは? ⇒ その都市で生活する市民がより健康的に、そしてより文化的な生活を送るために、都市を発展させようという法律です。


地価公示法とは? ⇒ 様々な要因により左右される土地の価格を公的機関が基準となる目安を提示することにより、適正価格を形成させるための法律です。

(地価公示法を簡単に説明すると)
国が地価のおおよその目安を提示することで、土地が売買される実勢価格が逸脱することを防ぐ法律となります。

↑Page TOP